TOP > 新着情報 > 先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)施設要件について

先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)施設要件について

先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)の施設基準が追加されました

・主として実施する医師に係る基準
〔5〕公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会が実施する安全に関する知識の研修を修了すること。
  ※「先進医療登録システム」https://senshiniryo-tasyoten.org/
    に登録しオンライン研修を受講してください。
    登録後、「登録証明書」が発行されますので申請書類と一緒に各所管の地方厚生(支)局又は
    当該厚生局の事務所宛にご提出ください。
    既に登録が完了されている施設は登録の必要はございません。

・保険医療機関に係る基準
〔4〕関係学会と連携する体制が整備されていること。

 厚生労働省HP(2016年4月15日更新)
 当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧及び先進医療を実施している医療機関の一覧等について
 「先進医療を実施可能とする医療機関の要件一覧」
 十九 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 でご確認ください。
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan01.html