公益社団法人 日本白内障屈折矯正手術学会 ニュースレター

会員の皆様へ

  2018、2019年度に当法人の理事長を務めさせて頂き、市川一夫先生の2年間の理事長期間を経て、再び2年間、本法人の理事長の重責を担うことになりました。学会法人の今期の目指すところとしては、まずはなによりも法人収支の改善が第一の課題であると考えます。過去3年間、新型肺炎の流行によって重要な収益事業である学術総会のリアル開催が大きなダメージを受けたことは否めません。今年やっと、京都会場で大内雅之先生が総会長のリアル総会が実現し、従来の収益を得ることができました。先日のESCRSにご出席の先生からは、もはや欧州では何の感染対策も行われていない(インフルエンザ等と同等扱い)との情報もあり、今後、日本も同じ傾向になるとすれば、来年以降の財務の順調な回復が期待できそうです。
  二つ目の目標は、女性の活躍できる学会づくりになります。これは学会だけの問題ではなく世界的に見ても我が国の社会が抱える大きな課題の一つになっています。人類のほぼ半分は女性ですから、女性が活躍できる社会になれば、社会全体の発展に大きくつながることは間違いありません。今期、藤本可芳子理事と永田万由美理事の新たなヒューマンパワーが理事会に加わりました。お二人に主導頂き、理事会としてこの課題に率先して取り組んで頂きたいと考えています。
  三つ目の目標は、すでに何回かお話したことでもありますが、学術総会以外の学会法人活動への取り組みです。今は予算不足で中断している季節セミナー、学会主導の長期多施設共同研究、手術関連動画サイトや手術技術登録サイトの運営など、すでに実行されているものやこれから実現させたいアイデアは複数あります。適切な予算組は必要ですが、学会法人の会員サービスとして多くのニーズがあるものと考えられ、その実現に取り組んでいきたいと考えております。会員の皆様方におかれましてもよろしくご理解、ご協力の程、お願い申し上げます。

公益社団法人日本白内障屈折矯正手術学会
理事長 德田 芳浩

JSCRS新組織(役員・代議員)

役員

任期:2024年定時総会の終結の時まで

理事長 德田芳浩
監事 市川一夫 安藤信明
理事 天野史郎、石井 清、大内雅之、太田俊彦、岡 義隆
神谷和孝、小島隆司、小早川信一郎、佐々木洋
柴 琢也、鈴木久晴、早田光孝、田淵仁志
永田万由美、西村栄一、塙本 宰、藤本可芳子
松島博之、眞鍋洋一、宮田和典、森山 涼

代議員

任期:2026年定時総会の終結の時まで

  天野史郎、石井 清、市川一夫、市川 慶、市川浩平
江口秀一郎、大内雅之、太田俊彦、岡 義隆、神谷和孝
小島隆司、小早川信一郎、佐々木洋、佐藤裕之、柴 琢也
鈴木久晴、早田光孝、德田芳浩、留守良太、永田万由美
西村栄一、塙本 宰、藤本可芳子、星野彰宏
馬嶋清如、松島博之、眞鍋洋一、宮田和典、森山 涼
吉田則彦、吉田起章

What's New

光学式眼軸長測定機器「ARGOS® バージョン1.6」

ARGOS®は高い眼軸長取得率を実現したほか、唯一のセグメント方式を採用し、より高精度の計測が可能です。術中には術前データに基づき眼球回旋を考慮したトーリック軸ガイドなどの表示が可能です。2022年2月にバージョン1.6をリリースし、このアップグレードにより水晶体後面の検出能力が向上し、より正確な眼軸長測定が可能となりました。また、各種Barrett計算式のバージョンアップをすることで、より幅広い患者様の眼内レンズ度数計算が可能となりました。


ARGOSR バージョン1.6


【お問い合わせ先】
日本アルコン株式会社
日本アルコン株式会社お問い合わせ窓口:0120-825-266


What's New

「LipiFlowTM サーマルパルセーションシステム」のご紹介

「LipiFlowTM サーマルパルセーションシステム」は、マイボーム腺機能不全(MGD)を有する患者様に局所的な加温及び加圧治療を提供します。


白内障超音波乳化吸引装置 『VERITAS? ビジョンシステム』


眼瞼の裏側表面に40〜43℃にコントロールした熱を供給し、眼瞼に断続的な圧力を加えます。
施術は12分間で両眼同時に実施いただけます。

【お問い合わせ先】
エイエムオー・ジャパン株式会社 E-mail:JJSVPRODUCT@its.jnj.com
©AMO Japan K.K. 2022


Event

第37回JSCRS学術総会

https://www.c-linkage.co.jp/jscrs37/index.html

第37回JSCRS学術総会

国立京都国際会館にて6月24日より3日間で行われました学術総会は、多くの皆様にお越しいただき盛会のうちに終了いたしました。 ご登壇いただきました皆様をはじめ、会場にお越しいただいた皆様、関係各位に厚く御礼申し上げます。

第37回JSCRS学術総会
第37回JSCRS学術総会
会長 大内雅之先生(開会式にて)

座長賞のお知らせ

座長賞が決定いたしました。

第37回学術総会ホームページ内にて、受賞者14名を掲載しております。
https://www.c-linkage.co.jp/jscrs37/award.html

【お問い合わせ先】
第37回JSCRS学術総会 運営事務局
〒102-0075 東京都千代田区三番町2
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:03-3263-8688
Mail:37jscrs@c-linkage.co.jp

2023年札幌でお待ちしております

第38回JSCRS学術総会

第38回学術総会 WEBサイトがオープン致しました。
https://www.c-linkage.co.jp/jscrs38/

学術総会の詳細は学術総会ウェブサイトでお知らせをいたしますので、ご確認下さい。
また、会員の皆様には受付開始などのご案内をご登録いただいているメールアドレスへ随時ご案内予定です。
登録情報は会員MyWeb(https://jscrs.members-web.com/my/login/login.html)よりご自身で更新可能です。

第38回JSCRS学術総会
【開催概要】
開催日:2023年6月22日(木)〜24日(土)
会 場:札幌コンベンションセンター

Copyright © JSCRS. All Right Reserved.