[Vol.1 Feb 2017] 日本白内障屈折矯正手術学会 ニュースレター

会員の皆様へ

JSCRS会員の皆様、2017年度初めてのニュースレターに目を通していただき誠に有難うございます。JSCRSは今年も学術総会、サマー及びウィンターセミナーを開催して参りますが、これら学会、講習会情報に加え白内障および屈折矯正手術に関する最新のニュースを、一早く皆様の手元に届けるべく本ニュースレターのアクティブな運用を更に図って参りたいと考えております。また、現在企業会員のご支援も頂きながら、JSCRS市民啓発事業として、新規の一般向けウェブサイト及び啓発用パンフレットの企画、作成にも取り掛かっているところです。
今後、会員の皆様がさらに積極的に学会運営に参加いただけることを目指して、学会運営組織や規程の一部を変更することを、現在理事会で検討しております。多くの先生方が共に学会を牽引して下さる事を心より願っております。

JSCRS常任理事
江口 秀一郎
似顔絵

What's New

LenSx®レーザーフラップアップグレード発売

LenSx®眼科用レーザー手術装置にLASIKフラップ作成機能を追加できるようになります。
グラフィックユーザーインターフェース上のタッチスクリーンのボタンで白内障手術モードとフラップ手術モードの切替えができ、屈折矯正手術分野への適応が可能となります。
フラップモードでは、吸引後にフラップのセンター位置と直径を調整することができ、眼の状態に併せてフラップ作成位置を最適化できます。

製品のお問い合わせは、日本アルコン株式会社学術情報部へ。

Introducing Malyugin Ring 2.0

Event

http://www.jscrs.net/jscrs2017/

演題登録締め切り迫る!!
2017年2月13日(月)17:00まで

事前参加登録期間:2016年12月8日(木)〜2017年4月14日(金)17:00

参加登録区分 事前登録 当日登録
会員 15,000円 20,000円
非会員 18,000円 23,000円
研修医3年・4年(後期研修医)
留学生
10,000円 12,000円
企業 18,000円 23,000円
コメディカル 5,000円 7,000円
コメディカルサンデーパス 3,000円
学生(医学部・視能訓練士学校)
研修医1年・2年(初期研修医)
2,000円 2,000円

第32回JSCRS学術総会公式Facebook
https://www.facebook.com/jscrs.meeting

logo

学術総会の見どころ、聴きどころ

特別講演
6月24日午後

白内障・屈折矯正手術における視覚の質と生活の質
根岸一乃(慶應義塾大学)

白内障・屈折矯正手術が視機能を向上させ、その結果患者さんの生活の向上にもつながること、それが私達JSCRSの願いであると思います。これらの手術が視覚および生活の質、幸福度に及ぼす影響について研究された結果をご講演いただきます。必聴です。

APACRS・ESCRS・JSCRS Joint Symposium (同時通訳あり)
6月23日午後

フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術が開始されてから9年になります。
”Controversies in Femtosecond Laser-assisted Cataract Surgery”というタイトルでこの術式の利点と問題点、そして将来の可能性を、欧米を代表する先生方と一緒に討論します。9年間の情報を90分間で一気に学べる機会です。

Best of JSCRS
6月25日午後

Best of JSCRSでは学術総会で発表された一般演題(一般講演、学術展示、ケースレポート)の中から白内障手術/屈折矯正手術関連に分けて注目演題をピックアップし、エキスパートの先生方に簡潔にまとめて解説していただきます。特に優秀な演題については表彰いたします。

Program(予定)
AM PM Exhibition Square
6月23日(金) シンポジウム、JSCRSプラクティス、インストラクションコース、一般講演、学術展示 ランチョンセミナー、Joint Symposium、シンポジウム、JSCRSプラクティス、インストラクションコース、一般講演、学術展示、市民公開講座、イブニングセミナー 機器展示
オープンフォーラム
オープニングレセプション
6月24日(土) モーニングセミナー、シンポジウム、JSCRSプラクティス、インストラクションコース、一般講演、学術展示 特別講演、シンポジウム、JSCRSプラクティス、インストラクションコース、一般講演、学術展示、ランチョンセミナー 機器展示
ワインの夕べ
6月25日(日) モーニングセミナー、シンポジウム、JSCRSプラクティス、インストラクションコース、視能訓練士プログラム、ナーシングプログラム、一般講演、ケースレポート Best of JSCRS & 表彰式、フェアウェルパーティー  

ソーシャルプログラム

オープニングレセプション 6月23日(金)午後
毎年人気のオープンフォーラムを聴講しながらご参加いただけます。

ワインの夕べ 6月24日(土)夕方
地元福岡に所縁のあるお食事や、ワイン等のドリンクをご用意しております。
博多湾の夜景を見ながら、楽しい「夕べ」を過ごしましょう!

フェアウェルパーティー 6月25日(日)ランチ
Best of JSCRSと同時開催いたします。Best of JSCRSでは学術総会で発表される一般演題(一般講演、学術展示、ケースレポート)の中から白内障手術/屈折矯正手術関連に分けて注目演題をピックアップし、エキスパートの先生方に簡潔にまとめて解説していただきます。

Event

第5回ウィンターセミナーを終えて

JSCRS理事
(第5回ウィンターセミナー世話人代表)
須藤 史子
似顔絵

第5回JSCRSウィンターセミナーは、平成28年12月10日(土)と11日(日)に新宿の京王プラザホテルにおいて無事に終了することができました。ご参加頂きました皆様、関連企業の皆様に厚く御礼申し上げます。「もっと5手術は好きになれる」とセミナーテーマは一貫し、好評プログラムは継続しつつ、5回ということを機に新企画のプログラムも組み入れました。世話人は大内雅之、柴琢也、塙本宰、三戸岡克哉先生と私の5名で担当させて頂き、6月の学術総会とは違った視点や異なった切り口で本セミナーの企画を練りました。
初日は、恒例の「あなたならどうする?」の症例検討夜会で、会場の先生方からも難症例に対しての様々な選択肢をご提示頂き、知識見聞を深めることができました。アルコールも入り舌も滑らかになったところでの「サタデーイブニング」では、普段から使用している製品に一言物を申し上げることとし、企業への要望や賞賛、ユーザ―目線での使用上の注意点や工夫を共有できました。翌日は、日頃の疑問を題材として取り上げ「JSCRS自由研究」と称し、遊び心も忘れずに探究したセッションで、“なるほど!”と事情通になられた先生方も多かったのではないかと思います。そして昨年度のアンケートでリクエストのあった瞳孔形成について、「匠の技」をじっくりと聴くセッションを企画し、対処法について深く学ぶことができました。
会場の席には赤・青・緑と3色のライトがつく小型解答器を用意しました。どのセッションも会場の意見の傾向を知ることができたうえに、代表意見を積極的に述べて下さる参加者もおられ、熱くて楽しい会場参加型のセミナーとなりました。
アンケート結果では、新企画への好評価やセミナー内容にご満足頂けたとの声を頂き、ご講演ならびにご協力下さいました先生方、企業会員の皆様に、世話人一同心より感謝申し上げます。アンケートは次年度の企画の参考にもしていきますので、どうぞ今後とも貴重なご意見やご参加を宜しくお願い申し上げます。本セミナーが白内障手術のさらなる進歩と発展のための気づきとなりますよう、第6回も企画中ですので、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

会場内の様子 会場内の様子
 
会場内の様子 会場内の様子
編集後記

2017年も1ヶ月が過ぎ1年で1番寒い時期となりました。今年も全国的にインフルエンザが蔓延していますが、1年前の事務局では職員が順番にインフルエンザを発症し、全員揃うのに1ヶ月ほどかかりました。
まだまだ寒い日が続きますが会員の皆様も体調に気をつけてお過ごしください。
また3〜4月は引っ越しや異動等で連絡先が変更になる会員の方も多くなるかと存じます。お早めに事務局宛にご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

Copyright © JSCRS. All Right Reserved.