公益社団法人 日本白内障屈折矯正手術学会 ニュースレター

会員の皆様へ

 今回のニュースレターは、もうすぐ始まる代議員選挙を控え、公益社団法人JSCRSが白内障や屈折矯正手術の発展のために行ってきた事業をご紹介します。
 代議員選挙はこのような法人事業の今後の方向性を決める重要な選挙です。今まで1700名弱の会員数でしたが、この1か月という短期間に300名以上の新入会あるいは再入会があり、まだ増えることが予想されます。これは3月16日までに年会費を納入された方が立候補資格および選挙権があるためと思われ、皆様の選挙への熱意が伝わってきます。
 ”代議員選挙?“と不思議に思われる方が多いと思います。公益社団法人は、会員を代表する代議員を選出し、その代議員が役員すなわち理事を選出します。代議員には理事のような立候補資格はないのでA会員なら誰でも立候補できます。
 現役員組織が築き上げたJSCRSをさらに発展させる意欲のある方に立候補していただき、会員の方には一人でも多くJSCRSの原動力となる代議員の選出のために、ご自身で投票していただけることを願っています。

JSCRS理事長
ビッセン宮島弘子
似顔絵

Activities

会員および一般の皆様への様々な情報提供

学術総会・セミナー

 

年1回の学術総会に加え、サマーセミナーとウィンターセミナーを開催しています。

学会誌(IOL&RS)

 

原著、特集に加えて様々な企画を取り入れ年4回の発刊しています。これらはウェブサイトでも第1号から最新号まで閲覧いただけます。

ウェブサイト

 

教育面のソフト供給として、トピックスや学術総会レビュー、ビデオ配信を行なっています。一般の方向けに白内障手術、屈折矯正手術の説明や先進医療実施施設情報も掲載しています。

ニュースレター

 

学会誌の発行ではカバーしきれない最新の情報をお届けしています。

多焦点眼内レンズ情報ガイドブック提供

 

多焦点眼内レンズに関する一般の方向けの小冊子を作成し、提供しています。


先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)への取り組み

先進医療施設登録システム

 

厚生労働省と連携して先進医療登録システムを立ち上げました。当学会ウェブサイトのオンライン受講を行った施設が実施施設として申請できます。このシステムにより、先進医療への理解を深め、不具合があった場合の報告義務を徹底する事ができるようになりました。

多焦点眼内レンズ多施設前向き研究

 

先進医療は保険適用にするか否かについて適正に評価することが必要な療養です。これまで全国的な評価が行われていなかった為、2017年より大規模な多施設研究を始めました。
先に行われた先進医療会議では、JSCRSで評価中という理由で先進医療の継続が認められました。

多焦点眼内レンズ摘出例の調査

 

多焦点眼内レンズの不満例や摘出例は頻度は低いものの重篤な合併症です。JSCRSアンケート調査ワーキンググループが行った調査結果(http://jscrs-multifocal.org/contents/result.html)はAmerican Journal of Ophthalmologyで報告され、この論文が先進医療としてさらに評価をすべき参考資料となりました。


その他の重要な調査

会員アンケート調査

 

会員の皆様にご協力いただき毎年行っている本調査は、白内障手術、屈折矯正手術の我が国における現状を知ることのできる有用な情報です。今年もぜひご協力をお願いします。

白内障手術の術後眼内炎に対する多施設共同研究

 

日本眼感染症学会との共同事業として行いました。

屈折矯正手術実態調査

 

JSCRSアンケート調査ワーキンググループが、我が国における屈折矯正手術ついての実態調査を初めて行いました(http://www.jscrs-lasik.org/contents/report.html)。78248眼の後ろ向き研究はJournal of Refractive Surgery、15011眼の前向き研究はAmerican Journal of Ophthalmologyにそれぞれ報告されています。

What's New

テクニス シンフォニーのトーリックモデルを販売開始

テクニス シンフォニー トーリック オプティブルー*は、遠方から近方まで広い明視域で自然な見え方を提供する新しいコンセプトの焦点深度拡張型多焦点眼内レンズです。従来の多焦点眼内レンズで懸念されていた、グレア・ハローなどの夜間光視症を抑制し、高いコントラスト感度を維持します。新たにトーリックモデルが加わることにより角膜乱視を有する患者さまへの適用が拡大します。

詳しい情報は、エイエムオー・ジャパン株式会社ホームページへ。
(*販売名:テクニス シンフォニー トーリック VB)

テクニス シンフォニー トーリック VB

Past Event

第6回ウィンターセミナーご報告
[2017年12月9日〜10日 ザ・キャピトルホテル東急]

JSCRS理事
(第6回ウィンタセミナー世話人代表)
大内 雅之
似顔絵

第6回ウィンターセミナ−、今年は「楽しみながら、明日から使える情報を提供する、お得なセミナー」のコンセプトに拘らせて頂きました。太田俊彦、塙本宰、柴琢也、鈴木久晴の各世話人と共に、プログラムを刷新、テーマも、All New Smart Cataract Surgeryとし、冒険的取り組みとも言える新しい企画満載のセミナーと致しました。結果は、260名を超える方のご参加を頂き、会場がやや手狭になってしまうほどの盛会となりました。初日の恒例症例検討夜会に変わる目玉企画OPL in Japanでは、海外学会で盛んな、ビデオコンペティションのスタイルを取り入れて、手術の教訓を沢山見せて頂きました。2日目は「俺の白内障手術」と題して、ベテランの先生方に、明日から使える手術に関する小技を披露して頂き、最後は、「日本一受けたい授業」と表し、幾つかのテーマに関して、手術の基本とトレンドを短時間で整理してもらいました。新たな試み満載で創作性の高かった今回のセミナー企画は、アンケートでもご好評を頂けましたので、次回:第7回も同じ世話人メンバーで代表を太田俊彦先生にお願いし、keep conceptですでに企画を練り始めています。


セミナーの様子

第6回ウィンターセミナーの様子2 第6回ウィンターセミナーの様子3

Future Event

http://www.jscrs.net/jscrs2018/

演題登録は締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございました。


参加登録締め切り迫る!!
2018年4月13日(金)17:00まで


参加登録区分 事前登録 当日登録
会員 15,000 20,000
非会員 18,000 23,000
研修医3年・4年(後期研修医)
留学生
10,000 12,000
企業 18,000 23,000
コメディカル 5,000 7,000
コメディカルサンデーパス 3,000
学生(医学部・視能訓練士学校)
研修医1年・2年(初期研修医)
2,000 2,000

第33回JSCRS学術総会公式Facebook
https://www.facebook.com/jscrs.meeting  

コングレスバッグイメージ

折り畳み式バッグ
保冷バッグとしてもご利用いただけます。
コングレスバッグイメージ


学術総会の見どころ、聴きどころ

特別講演 6月30日(土)午後

Patient based medicine
宮田和典(宮田眼科病院)

宮田先生の特別講演は、「Patient Based Medicine」というタイトルです。宮田先生は、大変膨大な臨床データーを蓄積し、それを分析してご自身の臨床に役立てている臨床医ですので、眼科臨床のEvidenceを誰よりもご存知の先生です。その先生が、「Evidence Based」ではなくて、一歩進めた「Patient Based」という概念でお話しされるのに大変興味を抱いています。期待を大にして、拝聴したいと思います。


ワールドワイド・プレミアム眼内レンズ
(同時通訳あり)
6月29日(金)午後

今までのASCRS・ESCRS・JSCRSのジョイントシンポジウムがリニューアルします。欧米の学会にアジア太平洋のAPACRSが加わり、3つの国際学会を代表する演者の講演と、JSCRSを代表する日本人パネリストとの討論という夢の企画です。今回はプレミアム眼内レンズに重要な適応、レンズ計算、近年注目されている三焦点やEDOF(extended depth of focus)レンズについてです。英語講演はわかりにくいという方も、和訳サブスライドと同時通訳つきですので、ぜひご参加ください。


Best of JSCRS 7月1日(日)午後

Best of JSCRSでは学術総会で発表された一般演題(一般講演、学術展示、ケースレポート)の中から白内障手術/屈折矯正手術関連に分けて注目演題をピックアップし、エキスパートの先生方に簡潔にまとめて解説していただきます。特に優秀な演題については表彰いたします。


お問い合わせ

JSCRS総会事業部
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-2-16 三弘ビル1F
TEL:03-5226-7751 FAX:03-5226-7752 E-mail:jscrs2018tokyo@jscrs.jp

編集後記

本号では、4年に一度の代議員選挙について取り上げました。投票や立候補に関する詳細につきましては、3月1日に事務局からご郵送差し上げました「選挙に関するお知らせ」に、是非ともお目通しを頂きますようお願い申し上げます。なお、投票や理事の資格審査に関する事務は、理事会や事務局から独立した選挙管理委員会が担当し、選挙の公平性を保っております。併せてご理解を頂けましたら幸いです。

Copyright © JSCRS. All Right Reserved.