TOP > 学会誌「IOL&RS」

学会誌「IOL&RS」

編集部・編集委員会

編集部

株式会社 杏林社内「IOL&RS」編集事務局

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-46-10
TEL 03-5980-0371 FAX 03-3910-4380
E-mail jscrs_edit@kyorin.co.jp
※原稿は上記メールアドレス宛にファイル添付にてお送りください。

会告送付先
JSCRS事務局
E-mail jscrs@jscrs.jp

編集委員会

委員長 鈴木 久晴 日本医科大学武蔵小杉病院
副委員長 大木 孝太郎 大木眼科
委員 石井 清 さいたま赤十字病院
大内 雅之 大内眼科
小川 智一郎 東京慈恵会医科大学
神谷 和孝 北里大学
小早川 信一郎 日本医科大学多摩永山病院
須藤 史子 東京女子医科大学東医療センター
永田 万由美 獨協医科大学
永原 幸 東京大学
中村 邦彦 たなし眼科クリニック
中村 友昭 名古屋アイクリニック
西村 栄一 昭和大学藤が丘病院
塙本 宰 小沢眼科内科病院
 

投稿規定

  1. 眼内レンズおよび屈折手術の基礎・臨床ならびに関連領域に関する未発表論文に限ります。国内および外国の雑誌に投稿した論文でも、その雑誌の掲載許可があれば、 本誌にも投稿できます。なお、掲載許可の取得は著者自身でお願いいたします。
  2. 研究倫理に関して;ヒトを対象とした 臨床研究に関する論文は、ヘルシンキ宣言に沿ったものであること。および「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省)を遵守すること。動物実験については、「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」(日本学術会議)に従うこと。その上で、臨床研究として必要な際は、当該研究が倫理委員会(IRB)の承認を得て、行われたことを明記すること。
  3. 投稿論文掲載の採否と掲載号は、日本白内障屈折矯正手術学会査読委員の査読後、編集委員会で決定します。なお、場合によっては原稿に加筆、修正、削除、返却などをお願いすることがあります。
  4. 略語については、日本眼科学会発行「眼科用語集」に掲載された用語を用いて下さい。
  5. 原稿はパソコン(A4版に40字×30行)で作成して下さい。
  6. 本文とは別にタイトルページにタイトル、著者名、所属、連絡著者名と連絡先およびキーワード5~6語を、また、英文のタイトル、著者名、所属およびkey wordsも必ず付けて下さい。 和文要旨(300~400字)と英文要旨(150words、ダブルスペース)を作成して下さい。 要旨は原則として目的、方法、結果、結論に分けて、臨床報告では目的、症例、結果、結論に分けて下さい。 英文の場合は、Purpose、Methods、 Results、Conclusionsに分けて、臨床報告ではPurpose、Case Report、Results、Conclusionsに分けて下さい。 なお、英文要旨はnativeによる校閲を行っております。
  7. 著作権譲渡同意書に著者全員の自筆サインをして、原稿に添付して下さい。
  8. 色覚に異常のある方のために図の作成においては次の点に留意して下さい。
    (1)使用する色の数は最小限にとどめる
    (2)黒・白・青・黄色を基本とする
    (3)赤と緑の同時使用は避ける
    〔参考文献〕岡島 修、他:色覚異常者にも見やすいスライド使用色。
    臨床眼科、52:1215-1218、1998.
  9. 図表はデータ入稿とし、JPEG、TIFF、EPS 、PowerPoint(2003以降)で作成して下さい。画像データは、鮮明に識別できるもの(解像度はモノクロ画像で300dpi以上、カラー画像で350dpi以上)を使用し、本文と別ファイルで表 1 、図 1 のように番号とタイトルをつけ、図表(極力平面の図表を使用すること)の説明は別に記載して下さい。
  10. カラー印刷の場合は、別途、製版代、印刷代、色校正代を実費でご負担いただくことになります。
  11. 著者校正は原則として初校のみに限らせていただきますが、その際、大幅な訂正はご遠慮下さい。特に図版、写真などの変更は実費をご負担いただきます。
  12. 論文掲載料は、筆頭著者が日本白内障屈折矯正手術学会員の場合、印刷面が3頁(400字詰め原稿用紙10枚と写真・図表5点が目安)を 超える論文は超過分1頁当たり15,000円を、また会員以外の場合、全頁について1頁当たり15,000円を申し受けます。
  13. 原稿は原則としてお返ししません。
  14. その他 写真を掲載する場合には、本人のプライバシーを十分に尊重して下さい。略誌名は、日本文献は医学中央雑誌、外国文献ではIndex Medicusに従い表記して下さい。

 

 

執筆要領

  1. 原稿は楷書で現代かなづかいでお願いします。専門用語以外は常用漢字を用いてご執筆下さい。
  2. 外国人名・地名は原語で、薬品名は一般名を、眼内レンズは原則として商品名を用いて下さい。
  3. 文献は、本文に引用されたもののみ、本文末にまとめて、引用順に並べて記して下さい。
  4. 文献の書式は、以下の書式で作成して下さい。

    <雑誌の場合>
    著者名:タイトル.雑誌名、巻:頁-頁、発行年.

    <単行本の場合>
    著者名:タイトル.編者名、書名、頁-頁、発行所、都市名、発行年.
    ・共著の場合は、4名以上は最初の3名を書いた上でそれ以後は他またはet alと略して下さい。

    例)
    1) Perez EP、Viramontes B、Schor P、et al:Factors affecting corneal strip stroma-to-stroma adhesion.J Refract Surg、14:460-462、1998.
    2) 高野 馨、稲富 誠、深道義尚、他:SRK式の精度
    -特に短眼軸長眼における誤差の検討-.IOL、5:315-322、1991.
    3) Walsh FB & Hoyt WF:Clinical Neuro-Ophthalmology.4th Ed、175-221、2097-2156、Williams & Wilkins、Baltimore、1982.
 

著作権譲渡同意書     著作権譲渡同意書 ダウンロード

 

投稿用タイトルページ   投稿用タイトルページ ダウンロード

  

バックナンバーの閲覧について

 バックナンバーの閲覧は会員向けのコンテンツとなります。会員ページにログインしてご覧ください。